梱包人件費ダウン

CARGOWELL カーゴウェル > 導入メリットから探す > 梱包人件費ダウン
=

梱包の人件費は、物流ライン設備投資にシフトチェンジ

年間20~30万件の梱包にかかる人件費は想定以上の負担となり、経営を圧迫することもあります。
人件費にかかるコストの半分を物流ラインの設備投資へ切り替えることで、お客様の物流コストは大幅に削減できます。
導入効果1

人件費カット

下の図は、1日に約5,000個の包装・出荷受渡し作業を、手作業でする場合とバブルシート自動包装システムを導入した場合の、必要人員と人件費を表したものです。
バブルシート自動包装システムの導入により、必要人員、人件費を大幅に圧縮でき、繁忙期でも最小限の増員で対応可能です。

1日に約5,000個の包装・出荷受渡し作業をした場合の人件費の比較

  梱包5人 出荷受渡し1人 1日の人件費 ※時給1,000円として
手作業の場合 1人150個/時1人150個/時 1人150個/時
¥39,000
1日の作業時間:6.5時間
自動包装機1台
の場合
1台800個/時 cost_down_txt02
¥6,000
1日の作業時間:6時間
人件費1日約26,500円の削減、年間(365日稼働)で約967万円も削減できる!
さらに、システムを2台導入すると、作業時間が約50%削減。
必要人員も少なくて済み、人件費を90%も削減できます。
 
導入効果2

資材費・積算カウント料金も大幅に削減

当社バブルシートをご使用になられると、年間800万円以上もの資材費を抑えることが可能です。
また、積算カウント料金(緩衝資材費+送料+修理作業費+部品代+定期保守費)の数量別単価が削減できます。

資材費(バブルシート)の比較

導入前 \975,000/月 ⇒ 導入後 \266,400/月
イニシャルコストは実質1年2ヶ月で回収。導入10年間で9,500万円の経費削減!

積算カウント料金の比較

カウンター
サイズ
梱包対象 単価 定価 他社サービスのカウント数予測 単価変更の目安となる
カウント数①
単価変更の目安となる
カウント数②
300mm幅
(小)
緩衝材入り封筒小および中サ
イズ(DVD1、2枚など)
¥18 ¥22 150000個/月 150000個〜
169999個/月
¥17.5
170000個〜
199999個/月
¥17.3
300mm幅
(中)
B5判(週刊誌)、AB判など ¥22 ¥26.30 150000個〜
169999個/月
¥21.5
170000個〜
199999個/月
¥21.3
300mm幅
(大)
緩衝材入り封筒大サイズ
(DVD4枚など)
¥25 ¥30 150000個〜
169999個/月
¥24
170000個〜
199999個/月
¥23.5
カウンター
サイズ
300mm幅
(小)
300mm幅
(中)
300mm幅
(大)
梱包対象 緩衝材入り封筒小および中サ
イズ(DVD1、2枚など)
B5判(週刊誌)、AB判など 緩衝材入り封筒大サイズ
(DVD4枚など)
単価 ¥18 ¥22 ¥25
定価 ¥22 ¥26.30 ¥30
他社サービスのカウント数予測 150000個/月
単価変更の目安となる
カウント数①
150000個〜
169999個/月
¥17.5
150000個〜
169999個/月
¥21.5
150000個〜
169999個/月
¥24
単価変更の目安となる
カウント数②
170000個〜
199999個/月
¥17.3
170000個〜
199999個/月
¥21.3
170000個〜
199999個/月
¥23.5
※カウント単価の契約変更のタイミングは別途ご相談となります。

カーゴウェルでコストダウンを実現した導入事例

  • 株式会社ブックマーケティング様

    アルバイト数人で1日5000件までの即日出荷を実現! 梱包物をシュリンクして発送することで顧客満足度の向上!

    メール便自動梱包ライン

  • 株式会社リバークレイン様

    梱包作業効率2倍を実現、伸び続ける出荷数にも半数の人員で対応可能に!

    宅配便梱包ライン -ボックスマガジン-

  • 株式会社ジー・ムーブ様

    物量に比例して人を増やしていた流れを自動梱包ラインで解決。今では後戻りしたくないと思うほど導入は成功でした!

    メール便自動梱包ライン